エドワード・ゴーリーのエキスポ

画集美術家のエドワード・ゴーリーのエキシビションをめぐってきました。
我々は昔からゴーリーの力作が大好きだ。モノクロの緻密な線画、シュールレアリズム、ナンセンス、メチャクチャな対話が成人限定でとっても味わい深いだ。同じ品目のヤンシュヴァンクマイエルや、トーベ・ヤンソンも大好きです。恐らくこういうエキシビションに来ている人のほとんどが知っていると思います。客は男女同じくらいの比率で、教え子らしい人から高齢のヤツまで多彩でした。ゴーリーは筋違いかつ暴力的提示が多いので、さすがに児童単独での来場はなさそうでした。ゴーリーの力作はとても児童限定とは思えませんが、ゴーリー本人は児童向けに力作を作っていたと言われているそうです。
今回のエキシビションでは物販余裕もあり、貴重な物品を手に入れることができました。世界的に特に人気のある「うろんなお客」のユニークがプリントされたマグカップ、名前カードは最も高名でした。本当はセル図版が欲しかったのですが、ほんのり高かったので降参し、名前カードを購入しました。チラシも持って帰ったので、切り抜いて名前カードと共に壁に飾っています。
国中を巡回するようなので、追っかけ以外の他人にもどうしても見てもらいたいだ。http://xn--r8j3c4e3eea3aa7tne7osdx688bnoi292aqzxoynouq9o3f.com/

Comments are closed.